「やりたい」がすぐ見つかる!アルバイト・中途採用なら【まいじょぶねっと】

履歴書:「自己PR」の書き方【主婦・主夫編】


社会人経験がある主婦・主夫の場合、履歴書は学生よりもきっちりとチェックされます。
志望動機と内容が食い違わないように気をつけながら、きちんとPRしましょう。

<主婦・主夫の自己PRを作成する時のポイント>

主婦・主夫の自己PR作成で、まず押さえておきたいのは以下二つ。
採用担当者に自分の強みを伝えるということを念頭において作成しよう。

・応募した仕事に自分がどう役立ちそうかを伝える
・これまでの経験から身についたスキルや学んだことを具体的に書く

<アピール内容の見つけ方>

①過去の仕事の経験~何年前の経験まで書いていい?

応募職種と似た経験がある場合は、その経験を書けばよいが、育児や家事によるブランク(空白期間)がある主婦・主夫の場合、「何年前の経験までアピールできるのか?」という疑問がある。

・営業や販売、飲食店などの接客業
接客系の仕事の場合、仕事のメインはお客さまとのコミュニケーション。
時代やIT化の影響はあまり受けない職種なので、数年前の経験でも十分アピール材料になります。

・事務職やIT化の影響をうけやすい業種

業務がパソコン処理に移行している事務職やIT業界など、時代によって変化が大きい業種の場合は、数年前とガラッと仕事内容が変わっている可能性があります。
インターネットで調べたり、知人に聞くなどして、あまりに違いがあるようであればアピールするのは避けた方がいいでしょう。

どの職種にせよ、十数年など、あまりに長い期間離れていた場合は控え、ほかの仕事や主婦業、学校行事で任されたことなど、もう少し近い経験からアピールしてみるのがいいでしょう。

尚、職種ごとの、アピールするとプラスとなるスキルは、以下を参考にしてみてください。

<接客・サービス系の仕事>
・コミュニケーション能力
・人と接するのが好き
・みんなで協力して取り組むのが好き
・機転を利かせて動ける、臨機応変な対応ができる

<イベントや引っ越し作業など、チームでやる仕事>
・人と接するのが好き
・みんなで協力して取り組むのが好き
・何かを作る作業が好き
・機転を利かせて動ける、臨機応変な対応ができる

<事務作業や工場での軽作業>
・コツコツやり抜くのが好き
・丁寧で確実な作業ができる
・パソコンスキル(Wordでの文書作成、Excelでの表計算やデータ入力など具体的に)

②さまざまな職種を渡り歩いた経験

「すぐ辞めてしまう人」という印象にならないために、「さまざまな職種を経験したことで、広い知識や経験が身についた」ということをアピールしましょう。

③PCスキルをアピールする

最近では販売や飲食店・サービス業でもPCで売り上げ管理・報告や顧客管理を行うところが多くなってきています。
学生はスマホは使えてもPCは使えなかったりしますので、エクセルやワードなどのスキルはプラスアルファになります。

④正社員経験

正社員としての経験は、すべてがアピールポイントになります。
「責任もってやりきる」、「確実に作業する」、「目標に向かって努力する」など、仕事に臨む姿勢でアピールするのも有効でしょう。

<自己PRの例文>

①過去の職種の経験

■派遣社員で販売スタッフを経験

出産前に派遣スタッフでアパレルの販売スタッフを1年ほど経験しました。
20代の女性向けの忙しい店舗でしたので、夕方などの込み合う時間帯は、お客さまを接客しながら、足りない商品はストックから補充するなど、全体を見ながら臨機応変に対応することを学びました。
この冷静な判断力は、居酒屋のホールにも活かせると思っております。

■学生時代の経験をアピールして飲食店のホールに応募

学生時代にイタリアンレストランでホールスタッフのアルバイトを経験しました。
ホールには一定のマニュアルはありますが、お客様のご要望はマニュアルだけでは対応しきれないものが多くあります。
料理を出すタイミング、お皿を下げるタイミングも常にお客様の様子に目を配らせることを心がけていました。
また、飲食店で働く魅力は、お客さまの反応が目に見えるということだと思います。
以前の経験を活かして頑張りますのでよろしくお願いします。

②さまざまな職種を渡り歩いた経験

■広い経験から学んだ「気配り力」

出産前は、アパレルの販売や飲食業での接客、営業事務職などを経験し、ワードでの資料作りや表計算などのPCスキル、接客マナーなどを身につけてきました。
どの職種でも共通していたのは、仕事をする上で、上司やお客様がどのようなニーズを持っているかを把握することでした。
例えば、営業事務の仕事では、営業が商談に使いたい資料をただ作るのではなく、何のために欲しいのか目的を営業担当者と話す機会を自ら持ち、より満足してもらえるものを作るように心がけていました。
このような気配り力は御社の仕事でもいかせると思います。

③PCスキルをアピールする

■出産前の事務経験をアピール

出産前に勤めていた会社で一般事務を経験しました。
電話応対や来客対応だけでなく、ワードでの資料作成や報告資料、エクセルでは売上の管理や毎月の報告用のデータ集計などを担当しておりました。
レストラン業務での接客はもちろん、売り上げ報告や顧客管理などの事務作業にも対応できると思います。
アルバイトもチームプレイを意識して、積極的に意見効果をして働いていきたいと考えています。

④正社員経験

■目標達成への努力をアピール

新卒で不動産会社の営業職に就職し、いろいろなタイプのお客さまへ自社物件を提案しておりました。
自分の営業スタイルを確立するために日々努力し、周囲と連携しながら目標を達成することを覚えました。
出産により退職しましたが、そのときの経験はどの業界・職種でも活かせると思っています。

その他、職種ごとの志望動機の書き方例

一般事務
アピールポイント:長年培ってきた事務処理能力を活かしたい


例文:

新卒で就職して5年程、営業事務の仕事をしておりました。ワード、エクセルを使った基本的な事務スキルは勿論、営業担当者とのやりとりのなかでコミュニケーション能力も身についたのではないかと自負しております。
結婚、出産を経てしばらく事務のお仕事からは遠ざかっておりましたが、家事や育児の間を縫ってMOSの資格も取得しましたので、御社でのお仕事に十分活かせると思っています。

飲食店の接客業務
アピールポイント:7年という接客経験を再び活かしたい


例文:

大学時代には、4年間ファストフード店でのホールスタッフのアルバイトに従事しておりました。
マニュアルに沿って仕事をしなければならなかったため、なかなか覚えられずに苦労したこともありましたが、周りの方たちに支えられながら卒業まで働き、その後は別の飲食店に就職し、正社員として責任ある立場で仕事をしてまいりました。
結婚、出産を機に2年前に退職いたしましたが、育児も落ち着いてきたため、また働きたいと思い、今回応募いたしました。
飲食店での経験年数は通算して7年になりますので、是非即戦力として仕事ができるのではないかと自負しております。

飲食店のキッチン業務
アピールポイント:多くの人に大好きな料理をふるまっていきたい


例文①:

調理師の資格が取得できる専門学校に進学し、卒業後も調理師として4年程働いておりました。
その後結婚し、5年間は専業主婦として家事育児に専念しておりました。
家族のために料理をふるまうことはもちろん大好きなのですが、もっと多くの方に私の作った料理を食べてもらいたいという思いが強くなったため、こちらのお店で働きたいと思いました。
人が美味しそうに食べている姿を見るのがとても好きなので、やりがいをもって仕事に臨めると思っております。

スーパーのレジ
アピールポイント:忙しい時間帯でも冷静に対処できるレジスタッフに


例文①:

短大時代は、近所のスーパーでレジ打ちのアルバイトをしておりました。
大型店舗だったため、夕方は大変混雑しましたが、忙しい時こそ冷静に対処することが大事だということを学びました。
卒業後は、保育士として働いておりましたが、結婚・出産を機に退職いたしました。
その後は長らく専業主婦として家事・育児に専念しておりましたが、子育てが一段落した今、経験のあるスーパーのレジスタッフとしてまた働きたいと思っております。

コンビニスタッフ
アピールポイント:テキパキと仕事をこなすコンビニスタッフを目指して


例文:

学生時代は、3年間コンビニでアルバイトをしておりました。
オフィス街にあったため、お昼時はとても忙しい店舗でした。
そのかいあって、どのようにすれば効率よくスピーディーに仕事ができるのかを考える習慣がつきました。
新卒で就職してからは、一般事務のお仕事をしておりましたが、昨年長女が生まれたことを機に退職いたしました。
常にテキパキと動いていたい性格なので、経験のあるコンビニスタッフとしてまた働きたいと思っています。

工場・倉庫内作業(棚卸・検品等)
アピールポイント:こつこつと、ミスなく効率的に仕事をこなす


例文:

私はこつこつと丁寧に作業をすることが好きで、そんな自分の特性を活かした仕事がしたいと思い、メーカーの一般事務職に携わっておりました。
いかに効率的にミスなく処理していくのか考えながら仕事をするのがとても楽しく、これまで残業をした記憶があまりありません。
現在は、専業主婦として家事・育児に従事していましたが、空いた時間に効率的に働きたいと思い、こちらのお仕事を希望いたしました。

受付・秘書
アピールポイント:これまで培った「気配り力」を生かして


例文:

大学卒業後は、3年程法律事務所での受付・秘書業務に従事しており、笑顔で明るい対応を心がけておりました。
お客様の中には、深刻な悩みを抱えてらっしゃる方も多く、対応した方に「あなたの笑顔に癒やされました」と言っていただけるとやりがいを感じました。
また、秘書業務でも、どうすれば弁護士の先生が気持ちよく仕事をすることができるのか常に考えながら仕事をしておりました。
3年前に結婚してからはしばらく家事に専念しておりましたが、先月、秘書検定3級を取得し、また受付・秘書業務に携わりたいと思っています。

食品や雑貨の販売
アピールポイント:大好きな雑貨に囲まれていたい


例文:

私は小さい頃から雑貨が好きで、大学時代も4年間、雑貨屋さんで販売のアルバイトをしていました。
大学卒業後は、一般企業で事務として働いていましたが、結婚・出産を機に退職いたしました。
今年で5歳になる長女は、私に似て雑貨にとても興味をもっており、私自身も、また大好きな雑貨に囲まれた生活をしたいと思っています。
こちらのお店はよく親子で訪れておりますので、その魅力は十分に分かっていると思っております。

コールセンタースタッフ
アピールポイント:クレーム対応にもめげない精神力


例文:

大学卒業後は営業職として5年程働いていました。
新規開拓部署の所属だったため、お客さまに話をしていても全く聞いてもらえなかったり、きつい言葉を言われたりしたことも何度もあります。
しかし、学生時代に部活で培った強い精神力を生かし、営業成績は1位を取ったこともあります。
コールセンターの仕事自体は初めてですが、私のタフさと営業時代に培ったトーク力を活かすことができるのではないかと自負しております。