「やりたい」がすぐ見つかる!アルバイト・中途採用なら【まいじょぶねっと】

「バイト面接」ノウハウのまとめ


いよいよアルバイトの面接。
どんな服装をしていけばいいのか、当日の持ち物や会場に着く時間、どんな質問をされる?など、
面接当日のマナーや、日にち変更や辞退をする時のお作法を紹介します。

面接へは開始時間の5分前に到着する

面接に向かうまで面接の約束時間の5分~10分前を目安に向かいましょう。
早く着きすぎても面接担当者の都合がつかないこともあるので、早く着いたら近くで時間をつぶしてから向かうのがマナー。
遅刻は厳禁ですが、やむを得ない場合は、すぐに電話で連絡します。

お店などの会場に着いたら、面接に来たことを伝え、担当者を呼んでもらいます。
履歴書など、当日の持ち物の忘れ物をしないように、しっかり確認してから臨みましょう。

※当日の持ち物リスト例※

・履歴書などの応募書類
・筆記用具
・応募先の住所や電話番号
・面接担当者の部署や氏名など

服装・髪型・メイク・ネイル

面接の服装は、応募先の業種・職種や、自分が学生・社会人かによっても変わってきます。
下記はあくまでも例なので、実際はお店や会社の雰囲気をよく研究して判断しましょう。

OKな例

【男子】

・髪型…前髪が目にかからないなど、清潔感がある
・服装(トップス)…襟付きのシャツなど。無地または薄い柄が無難
・服装(ボトムス)…コットンのパンツなど。デニムは避ける
・靴…革靴がベストだが、きれい目のスニーカーでもOK
・鞄…履歴書や筆記用具が入るショルダータイプのもの

【女子】

・髪型…長い髪はまとめる。前髪も目にかからないよう清潔感のある髪型で
・メイク…ナチュラルメイクが基本だが、アパレルやコスメはブランドのテイストに合わせる
・服装(トップス)…無地または薄い柄のブラウスやシャツで。きれい目のニットも可
・服装(ボトムス)…コットンのパンツやスカートなど。スカートは短すぎないもの
・靴…派手すぎない革靴やパンプスなど。きれい目のブーツやスニーカーでもOK
・鞄…履歴書や筆記用具が入るショルダータイプのもの

NGな例

【男子】

・ボロボロのデニム
・サンダル、汚れたスニーカー
・派手なピアス
・ジャージやスウェットなど

【女子】

・ボロボロのデニム
・サンダル、汚れたスニーカー
・派手なピアス
・長い爪、派手なネイル
・ニーハイブーツ
・露出の高い恰好 …など

良く聞かれる質問と、面接時に確認したいこと

面接で良く質問されること
事前にある程度、質問に対する答えを整理しておくと、当日あわてなくて済みます。

・応募・志望した理由は?
・今までに経験したアルバイトは?
・あなたの長所は?等の自己PR
・いつから働けるか? ・週に何日、1日何時間働けるか等のシフト
・通勤手段/通勤時間

こちらから確認した方が良いこと
面接は、見られるだけでなく、自分が本当に働けるか・働きたいかの確認の場でもあります。
入社後の行き違いを防ぐためにも疑問があれば遠慮なく質問しましょう。
特にシフト周りはトラブルになりやすいので、あらかじめバイト先が入ってほしい日や曜日・時間帯の有無や、休みの希望を出すタイミングがいつなのかを聞いておくと良いでしょう。

仕事内容 / シフトについて(特に入ってほしい日や時間帯、次のシフトを決めるタイミング等) /
時給や日給 / 使用期間や研修の有無 / 残業のありなし /
職場の雰囲気、学生が多い?など / 社会保険の有無(長期アルバイトの場合)